FXで確実に月10万円稼ぐ!おすすめのFX会社の選び方とトレード方法

ごく普通のサラリーマンがお小遣い稼ぎで始めたFXについて、おすすめのFX会社の選び方から毎日のトレード方針を公開するものである

FXにおける儲かる確率の高いトレードは何か?

FXをやっていると楽して儲けられる簡単なトレードはないか?と考えたことはありませんか?

私は常に考えています 笑

ちょっとでもリスクを減らして儲けられるならそれが一番いいですよね。

でもね、そんなうまい話が世の中に・・・あるかもしれません(小声)

これは私の経験上でもあり、一般的にも言われていることですが、いくつかご紹介できるので自分なりにリスクを考えたうえでトレードに活かしていただければと思います。

 

■月曜早朝の窓埋めトレード

FXは基本的に24時間取引が可能ですが、土日は取引できません。通常であれば金曜日の取引終了時の価格と月曜日の取引開始の価格は一致すると考えがちですが、土日は中東市場は開いており、大きな事件等があれば為替相場が動く場合もあります。また、月曜早朝の取引開始時間はFX会社により異なるので、いち早く取引できる会社に比べて取引開始時間の遅いFX会社はその分、為替の相場の変動により金曜取引終了時の価格から動いた価格で取引が開始されることもあります。このような金曜取引終了時の価格と月曜取引開始時の価格のギャップを一般的に「窓」と呼ばれています

この窓ですが、かなりの確率で埋まると言われており、経験上9割程度は埋まっていると思います。なので月曜日の早朝は窓が開いていたら窓が埋まる方向にポジションを取り、窓が埋まるタイミングで利益確定するのが儲けやすいトレードとなります

ですが、ここで注意しておきたいのが、窓が埋まるタイミングが月曜日中に埋まるとは限らないということです。大きな事件等があった場合には数か月元の価格に戻らないこともありますので、月曜日の早朝に取引する場合には土日で出てきたニュースをチェックすることを忘れないでください。個人的な経験上では月曜日に空いた窓は月曜日中に7割くらいは埋まっている印象です。残りの2割はその週に埋まって1割はそれ以上かかるといった感じでしょうか。かなり割のいいトレードではありますが、当然ながらリスクもあるので、きちんと資金管理や損切りラインを定めてトレードすることを心掛けましょう。

他にも注意点としては月曜日の早朝はスプレッドが通常時に比べ開いていることが多いので、スプレッドが広い場合には取引を控えることも大事です。スプレッドがある程度狭くなってから取引をすると勝率が高まります。

 

■経済指標発表後の逆張りトレード

為替相場は基本的に短期的には経済指標で上下しますが、トレンドを変えるほどの影響力はないと考えます。つまり、トレンドが上昇である場合に経済指標によって価格が下振れしたとしてもそれは一時的なものでしばらくしたら上昇トレンドに回帰し、トレンドが下降である場合に、経済指標によって価格が上振れした場合でも一時的なものでいずれ下降トレンドに回帰することを意味します。なので、経済指標の発表前に現状のトレンドを把握し、経済指標発表後にトレンドと逆の動きをした場合には様子を見ながら事前に把握しているトレンド方向にポジションを取ると高確率で利益を出すことができます。ただしこれも当然のことながらリスクはあるので、きちんと資金管理や損切りラインを決めておきましょう。

ちなみに日銀やFRBなどの中央銀行の政策については現状のトレンドを変えてしまう影響力があるため、中央銀行の政策変更で変動した場合に逆張りのポジションを取ることは非常に危険なため、やめておいたほうがいいと考えています。

 

今回ご紹介したトレード方法は比較的利益を出しやすいものではありますが、初めてやるかたは感覚がわからないと思うので、慣れるまでは少額で試してみるのをお勧めいたします。

FXの口座をまだお持ちでない場合は以下の記事でおすすめのFX会社について考察していますので参考までに一読いただければと思います。

 

fx-trade-success.com

 

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

専業でFXするには元手の資金はいくらあればいいか?

FXに関しては、大半の人はサラリーマンなどの本業をしながら兼業としてFXをすることになると思いますが、中には一念発起して専業としてFXを取り組む方もいらっしゃるかと思います。そこでまず問題となってくるのが、当面の資金はいくらあればよいのか?ということです。専業の人は兼業の人と違ってFXでの取引のみで生活していかなくてはなりませんが、しばらく結果が出なくても当分の間生活できるだけの蓄えも必要です

そこで、ここでは簡単に以下の条件の場合に専業でのFX取引におけるもとで資金の必要額を考えてみたいと思います。

 

■専業でFXする場合の元手資金の算出

専業の場合は一般的にサラリーマン時代の倍を稼がなければ専業になる意味がないと言われています。それはなぜかというと会社勤めであれば会社の福利厚生があり、年金の掛け金を半額出してくれたり、家賃補助などの各種補助があったりと給料以外の面での待遇があるので、専業になってしまうとそれらの待遇が無くなるからです。

そこで、日本人の平均年収が441万円(平成30年)と言われておりますので、その倍の882万円を稼ぐことを考えます。

882万円を12か月で割ると1か月で73万5千円稼得ぐ必要があります。それを20日(土日はFXができないので)で割ると1日で36,500円稼ぐ必要があることになります。

次に1日で何pips稼げるかを考えますが、仮に1日平均10pips稼げるとすると

36,500円÷10pips=3,650円/pipsとなります。

これは何を表しているかというと1pipsでいくら利益を出す必要があるかということになります。

つまり1pipsで3,650円稼げる取引量が必要だということです。

ちなみに100万通貨で取引すると1pipsの値動きで1万円増減しますので、1回の取引で36.5万通貨必要となります。

仮にドル円(1ドル100円の場合)で取引する場合は1万通貨で約4万円証拠金が必要となるため、36.5万通貨取引するには約146万円ほど必要になりますが、これではすぐにロスカットになってしまうため、もっと多くの資金が必要となります。一般的にスキャルピングやデイトレードでは証拠金維持率は300%程度はあるのが望ましいので以下のように求めます。

(参考)証拠金維持率の求め方

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100 

今は証拠金維持率が300%で、必要証拠金が146万円ということなので、有効証拠金つまり必要な資金は438万円です。当然のことながら為替は変動するので、証拠金も安くなる場合もあれば高くなる場合もありますので、リスクを考えるともっと資金はあったほうがいいですし、最悪の場合、連敗することも十分ありえますので、倍以上の1,000万円はあったほうがいいと考えます。また、運用資金とは別に生活費も必要となります。

生活費が短期間分しかないと、トレードに焦りがうまれ、リスクの高いトレードをしてしまいかねませんので、できれば2年分くらいの生活費があるのが望ましいと考えます。

つまり結論としてはFXの専業をするなら最低運用資金の1,000万円+2年分の生活費が必要と求められます。個人的には1日平均10pipsは取れない場合も考えて1日平均5pipsで計算した場合の2,000万円の運用資金はほしいところと考えています

でもやっぱり兼業でやるほうを強くお勧めいたします。

FXの口座をまだお持ちでない場合は以下の記事でおすすめのFX会社について考察していますので参考までに一読いただければと思います。

 

fx-trade-success.com

 

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

FXはぶっちゃけ儲かる?儲からない?

FXはぶっちゃけ儲かるの?と思う人はたくさんいると思いますが、適当に取引していては儲かりません。笑

逆に適切に取引していればお小遣い稼ぎはできます。

ちなみに少し前のデータですが、金融先物取引業協会が2018年に調査した結果、2017年の1年間で利益を出せた人は約60%だそうです。詳しくは以下のレポートを参照ください。

https://www.ffaj.or.jp/wp-content/uploads/2018/09/20180927_result.pdf

中には巨額の利益を上げる人もいます。たびたび巨額の脱税事件が世間をにぎわしたこともありました。以下で巨額脱税事件の事例をご紹介します。

 

■巨額脱税事件その1

FXをかじったことがある人はご存知かもしれませんが、主婦のY.Iさんが3年間で得た利益4億円の申告漏れが2007年にありました。この主婦の方はもともと親から受けついだ資産が数千万円あったので資金が数千万円ないと厳しいのかなと当時は思っていましたが、中には数百万円程度から億単位の儲けを出した人もいます。

 

■巨額脱税事件その2

同じく2007年に元小学校の校長先生が、3年間で計約3億円の所得をせず、脱税をしたという事件がありました。その際の資金が220万円だったそうです。220万円が3年間で3億円以上になったということですので、FXは一攫千金のチャンスがあると言えます。

 

と、ここまで夢のある例を書いてきましたが、当然ながら損失を出すこともあるわけで、プラスのニュースばかりではフェアでないので、マイナスのニュースもご紹介します。

マイナスのニュースで一番多いのが、FXで損失を出してしまい、会社や役所のお金を横領する事件です。

 

■FXに関する横領事件その1

2019年にマクドナルドの財務部門に在籍していた社員がFX等の損失を埋めるために会社のお金を合計で約7億円横領していた事件がありました。横領したお金をもとにFXに使ってさらにその資金を失っていくという泥沼のような状態だったそうです。FXで億単位の損失を出すのもすごいですが、7億円も横領できちゃう会社のセキュリティもすごいです。(苦笑)

 

■FXに関する横領事件その2

2014年にりそな銀行の元行員が、顧客から私的に集めた約1億5000万円をFXなどに使い、、大半を消失させていたことが明らかになりました。男性行員はその後、問題が発覚した後に自殺したそうです・・・。お金は人を狂わすといいますが、FXで損失を出して人生を終了しなくてはならないなんて恐ろしいです。

 

以上のように、FXは大儲けできる可能性もあれば人生を狂わすほどの損失を出すこともあるわけですが、自身の資金をきちんと管理さえできれば人生が終わるようなことはありません!資金管理については以下の記事で解説していますので、一読いただければと思います。

 

fx-trade-success.com

FXの口座をまだお持ちでない場合は以下の記事でおすすめのFX会社について考察していますので参考までに一読いただければと思います。

 

fx-trade-success.com

 

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

FXにおけるスキャルピングでの1日の取引回数の目安は?

 

たまに、FXにおけるスキャルピングでの1日の取引回数の目安はどのくらいですか?と気にされている方がいます。

結論を言うと1日の取引回数を気にしてはいけません。なぜなら1日の取引回数を気にしてリスクの高いトレードをしてしまっては損失を出す確率が高くなり、本末転倒となってしまうからです。

基本的には利益が出やすいと判断した場合に厳選してトレードをするのが収益としては安定します。

ただし、月間の利益目標と自身の1回の取引におけるポジションの量から1日でどの程度の取引回数になるかというのを目安として出したいという方は以下のように考えることができます。

例、1か月の利益目標を10万円で1回の取引におけるポジションの量を10万通貨とした場合

10万通貨で10万円を稼ぐには月間で100pips稼ぐ必要がある。

→なので、1か月で20日取引できるとしたら(土日は取引できないので)1日あたり5pips稼ぐ必要がある

→1回の取引で平均1pips稼げるとしたら5pips稼ぐには1日に5回程度の取引となる。

といった感じで取引回数を出すことができます。これを出してみて自身のトレード状況から無理がある回数であれば月間の目標が高すぎると言えます

無理のある目標を設定すると、どうしてもリスクの高いトレードになってしまうので、その場合は目標を設定しなおすのが良いと思います。

でも10万通貨取引できる資金があれば、1日5pipsで月に10万円稼げると考えると現実的な数字と感じませんか?無理なトレードをしなければ月間10万円は割と固い目標だと思うので、ぜひチャレンジしてもらえればと思います。

FXの口座をまだお持ちでない場合は以下の記事でおすすめのFX会社について考察していますので参考までに一読いただければと思います。

 

fx-trade-success.com

 

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

FXにおいて取引するのにおすすめな通貨は?通貨の特徴を知ろう

FXをするにあたってどの通貨を取引したらいいのか?というのは初めに悩む問題だと思います。

結局のところ、儲けられる通貨であれば何でもいいのすが、通貨によって値動きに差があるので、自分と相性の良い通貨を選びたいものです。

私もいろいろな通貨に手を出しましたが、苦手な通貨はありました。ポンドや豪ドルは苦手でしたね。ドルが相性がよく、中でもやはりドル円のペアは自分に合っていると感じています。

以下では主要な通貨の特徴をまとめてみましたので参考にしていただければと思います。

基本的に各通貨のペアは円を想定してい記載しています。

 

■主な通貨ペアの特徴

【ドル円】

 ボラティリティ(値動きの激しさ):★

 情報の取得しやすさ:★★★

 金利:★

ドル円のペアはニュースでも毎日見かけるほどのメジャー通貨で、FXをやっている人でこの通貨ペアでの取引をしたことがないという人はいないでしょう。

 値動きがそこまで大きくないので、大きな収益を狙いづらいですが、初心者でもトレードしやすい通貨ペアです。ドル円に関する情報は様々なFX会社やネットから取得できるので分析しやすいこともこの通貨ペアのメリットです。また、どこのFX会社もドル円には力を入れており、スプレッドが狭いので、スキャルピングをやるにはこの通貨ははずせません。

私は比較的緩やかな値動きで分析しやすいので相性がいいです。収益の9割以上はドル円で上げています。

 

【ユーロ円】

 ボラティリティ(値動きの激しさ):★★

 情報の取得しやすさ:★★

 金利:★

ユーロはドルについて取引量が多く、ドル円より値動きがあります。情報もドル円に次いで多く、比較的分析しやすい通貨といえます。 

 

【ポンド円】

 ボラティリティ(値動きの激しさ):★★★

 情報の取得しやすさ:★★

 金利:★

英国で発行されている通貨ですが、とにかく値動きが激しいです。初心者には難しい通貨です。値動きが激しいため、FXの上級者はポンドで利益を上げている人が多いようです。この通貨で取引する場合は他の通貨ペアよりも取引数量を減らすことを強くお勧めします。

 

【豪ドル円】

 ボラティリティ(値動きの激しさ):★★

 情報の取得しやすさ:★★

 金利:★

豪ドルはちょっと前までは高金利通貨の代表的な通貨でしたが、政策金利がどんどん落ちていっています。スワップポイントを目的に保有している日本人が多かったのですが、もはやそのメリットもありません。個人的な見解ですが、豪ドルはいったんトレンドが出だすと続きやすい

ように感じます。ですので、トレンドが出たら逆らわないほうがいいかもしれません。もっともトレンドに逆らわないのはほかの通貨ペアも同様ではありますが、豪ドルはより顕著に感じます。ちなみに他の通貨に先駆けて景気に敏感に反応する先行指標として確認しとくことをお勧めします。豪ドルが先行して動いて他の通貨ペアが後に続いていくといったことがあります。

 

【トルコリラ円】

 ボラティリティ(値動きの激しさ):★

 情報の取得しやすさ:★

 金利:★★★

トルコリラを取り上げたのはこの通貨は金利が高いという特徴があるからです。一時期は20%を超える金利がありました。今は下がってきてしまいましたが、それでもまだまだ高金利です。スワップ目的で保有する日本人が多いのですが、私はお勧めしません。なぜなら定期的に強制ロスカットを狙った動きを見せるからです。たびたび急激な円高になり、損失を出す人がいます。10円以上下がってもびくともしないという資金管理とメンタルがあれば止めませんが・・・。

 

まずは初心者でもやりやすいドル円から初めて徐々に他通貨もチャレンジしてみる感じで取引をするのがいいと思います。

FXの口座をまだお持ちでない場合は以下の記事でおすすめのFX会社について考察していますので参考までに一読いただければと思います。

 

fx-trade-success.com

 

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

FXにおける売買比率の重要性 他人のポジションを確認しよう

f:id:kamasakit:20200613191600j:plain

出典:OANDA オーダーブックより


突然ですが、FXはあなた一人だけやっているわけではありません。

世界中の投資家が儲けようと日々取引をしています。そして他人の損切りが自身の利益となり自身の損切りが他人の利益となるのです。

当たり前のことをなんで突然言い出すのか?とお思いの方がいらっしゃるかと思いますが、FXではそれをきちんと理解し、意識して取引することで勝利につながるのです。

具体的に言いうと他の投資家を大量に損切りさせることができれば多くの利益を出すことができます。そうは言っても個人で大量に損切りさせることなんてできないではないか、と声が聞こえてきそうですが、個人では相場を動かすことはできなくても大口の投資家が相場をどう動かすかを予想することはできます

それは市場の売買比率やポジションを把握することです。では市場がどのような売買比率、ポジションを取っているかを把握するにはどうすればよいか。具体的には以下のように把握することが可能です。

 

■市場の売買比率およびポジションの把握の仕方

1、シカゴIMM通貨先物ポジションを確認する

シカゴIMM通貨先物ポジションとはアメリカのシカゴマーカンタイル取引所(CME)で取引されている通貨先物のポジションのことです。

 この数値はヘッジファンド等の大口投資家による投機的なポジションをあらわしているといわれています。そしてポジションが買いに大きく偏れば将来的に相場が下落し、ポジションが売りに大きく偏れば相場が上昇する可能性が高まると予測することができます。

 ※ただし、金曜日の取引終了後に火曜日時点の数値が発表されるため、リアルタイムでの開示ではないため、タイムラグを考慮しなければなりません

以下はシカゴIMM通貨先物ポジションになります。グラフは私が加工したものですが、Google検索などで「IMMポジション」と検索するとグラフがたくさん出てきますので参照するといいでしょう。ちなみに私は以下の金融関係の情報サイトであるzaiの提供するグラフがわかりやすいので、よく見ています。

 シカゴIMM通貨先物ポジションの推移|経済指標/金利 - ザイFX!

 

f:id:kamasakit:20200607222339j:plain

シカゴIMM通貨先物ポジション

 2、FX会社で提供している各通貨の売買比率を確認する。

FX会社によっては自社の顧客の各通貨の売買比率を公開しているところがあります。更新時間は会社によって異なりますので、更新時間の間隔が長い場合はタイムラグを考慮しましょう。ここでは一般的によくみられるOANDA Japanの売買比率を紹介します。

 

 このOANDAのオーダーブックで一番に見るべきポイントは右のグラフであるオープンポジションです。これは実際に売りと買いのポジションがどの程度存在しているかを示しています。上記の写真で言うと右上の部分であるドル円のロング(買い)が含み損が多いことがわかります。これがもっと増えれば損切りの方向である円高に向かう確率が高くなると予想できます。もちろん必ず円高になるとは限らないので、他のテクニカル指標や金融政策、経済指標などのファンダメンタルズを合わせて確認することが必要です。

このOANDAのポジションオーダーは口座を持たなくても見ることができますが、口座を開設すると更新時間が短くなり、より実戦で使いやすくなるので口座を開設することをお勧めします。また、一定量の取引をするとさらに更新時間が短くなるので、必要に応じて取引まで行うといいと思います。

以上のように市場のポジション動向を把握することで収益向上の大きな助けとなるので、活用してみてください。

FXの口座をまだお持ちでない場合は以下の記事でおすすめのFX会社について考察していますので参考までに一読いただければと思います。

 

fx-trade-success.com

 

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール

FXにおける経済指標の重要度について

FXにおいて考慮しておくべきものに「経済指標」があります。

経済指標とは雇用、物価、金利、貿易などの経済の状況を数値化したもので、各国の公的機関等が発表します。
内容から経済の現状を把握することができます。

内容によって、為替相場が大きく影響を受け、値動きが大きくなることがあるので、経済指標の発表前後には注意が必要です。

経済指標は、事前に発表時刻が決まっており、FXを取り扱う各社でも各経済指標の発表予定時刻が掲載されていますので、事前にどんな経済指標の発表が予定されているか確認しておくといいでしょう。

基本的には重要度の高い経済指標が発表される前はポジションを持たないことをお勧めします。なぜなら最も重要な経済指標になると、わずかな時間で100pips以上動くこともありますので、一瞬でとてつもない損失を被ることもあるからです。

また、損切り注文を設定していたとしても値動きが激しすぎて、設定していた値段よりも不利な値段で決済されてしまうこともあるため、お勧めできません。

ただ、経験上、大抵の場合は経済指標で動いた値動きは元に戻ってくることが多いです。なので自己資金とリスクをよく考えたうえで取引を考えてみるのもありかもしれません。

以下では主な重要度の高い経済指標を挙げておきます。

 

■特に重要度の高い経済指標

米国雇用統計

アメリカの雇用の状況(失業率、就業人数など)を調査した統計。最近は失業率よりも非農業部門雇用者数の数字が注目されやすい

 発表日時:日本時間21時30分、冬時間:日本時間22時30分

 

米国FRB政策金利

米国の金融政策を決定する会合(FOMC)で政策金利が発表される

発表日時:米国夏時間:日本時間午前3時、冬時間:日本時間午前4時

 

・欧州中央銀行(ECB)政策金利

 欧州中央銀行(ECB)の最高意思決定機関であるECB理事会によって決定される政策金利。

発表日時:欧州夏時間:日本時間20時45分、冬時間:日本時間21時45分

 

上記以外でもGDPや小売売上高なども比較的重要度が高い指標となっています。また、雇用統計や政策金利については米国や欧州以外でも各国の指標についてはその該当国の通貨の値動きに非常に影響を与えるため、チェックしておきましょう。

 

■経済指標の内容は何を確認すればよいか?

経済指標では内容によって為替相場に影響を与えると書きましたが、では内容とは具体的に何を指しているでしょうか?それはずばり、市場の事前予想とのかい離幅になります。

大抵の経済指標の発表前には投資銀行などが経済指標の予想値を公開していますが、その平均値と発表された数字のかい離幅の大きさによって乱高下します。

例えば米国雇用統計の1つの指標である非農業部門雇用者数の市場予想平均値が+10万人だった場合に、発表値が+10万人以上であればドル円は円安に動き、+10万人より少なければドル円は円高に動くことが多いです。また予想より大きくかい離すればするほど値動きは大きくなる傾向にあります。

 

■おまけ 経済指標以外での値動き

経済指標以外でもテロなどの事件や要人発言のニュースで為替が動くことがあります。ですがほとんどの場合は動く前の元の水準に戻ることが多いです。「事件、事故は買い」という格言があるくらいで、このような場合は利益を上げるチャンスかもしれません。

FXの口座をまだお持ちでない場合は以下の記事でおすすめのFX会社について考察していますので参考までに一読いただければと思います。

 

fx-trade-success.com

 

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール