FXで確実に月10万円稼ぐ!おすすめのFX会社の選び方とトレード方法

ごく普通のサラリーマンがお小遣い稼ぎで始めたFXについて、おすすめのFX会社の選び方から毎日のトレード方針を公開するものである

FXで最適な取引時間帯とは?

FXの特徴の一つとして、土日を除く24時間取引ができることがあげられますが、取引時間帯によって値動きに差があります。

為替市場には東京、ロンドン、ニューヨークの世界でも取引量の多い3大市場があります

取引量が多いということはそれだけ値動きが大きくなります。値動きが大きくなれば稼ぐチャンスも多くなります。(当然その分損することもあります・・・。)

ではどの時間が一番値動きが大きくなるか。それは日本時間の21時~2時ごろになります。それはなぜかというとロンドン市場とニューヨーク市場の活動時間が重なるからです。3大市場の主な活動時間は以下の通りです。

 

東京市場 8時~16時

ロンドン市場 16時~2時(冬時間は17時~翌3時)

ニューヨーク市場 21時~6時(冬時間は22時~翌7時)

兼業の方は東京時間はなかなか取引できませんが、むしろ21時以降のほう値動きが大きいので、仕事が終わった後に取引するのは合理的です。

また、考慮しておいてほしいことに市場が切り替わる時間帯は流れが変わることが多いということです。たとえば16時頃や21時頃は急に値動きが逆になることが多く、慎重に取引するべきです。

なぜ市場の切り替わり時間帯に流れが逆になることが多いかというと、前の市場でできたポジションを損切りさせる動きが活発になるからです。

東京時間でロング(買い)ポジションが多い場合はショート(売り)で損切りをさせ、ロンドン時間でショート(売り)が多いとニューヨーク時間でロング(買い)になることがあります。

FXはゼロサムゲームと言われ、他人の損切りが自分の利益になるため、そのような動きになりがちなのです。逆に言うとこの傾向を利用して稼ぐことも可能なので、ポジションの偏りを見る癖をつけるのが勝利への一歩です。

ポジションの偏りの把握の仕方についてはまた別途記載いたします。

 

【重要】注意すべき日時について

もう一つ取引時間帯で意識しておくべきことがあります。それはロンドン、ニューヨーク市場での取引時間が終わった後のオセアニア地域での取引しかないような時間時間帯です。

取引量が少ない時間帯はストップロス(損切り注文)を狙った大口の投資家の取引で急な乱高下が発生することがあるからです。他人のストップロスは自身の利益となるため、少ない金額で相場を動かしやすい時間帯は狙いやすいのです。

同じ理由で日本の祝日も注意が必要です。東京市場が祝日で取引量が少ないため、ストップロスを狙った円買いが昔からたびたび起きています。日本の投資家はドル円を買っている人が多いため、急激な円高になることがあります。特に3連休などは狙われやすいです。なので、祝日は値動きも少ないこともあるので、お休みするのも戦略として必要だと考えています。

FXの口座をまだお持ちでない場合は以下の記事でおすすめのFX会社について考察していますので参考までに一読いただければと思います。

 

fx-trade-success.com

 

 初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール