FXで確実に月10万円稼ぐ!おすすめのFX会社の選び方とトレード方法

ごく普通のサラリーマンがお小遣い稼ぎで始めたFXについて、おすすめのFX会社の選び方から毎日のトレード方針を公開するものである

FXにおいて取引するのにおすすめな通貨は?通貨の特徴を知ろう

FXをするにあたってどの通貨を取引したらいいのか?というのは初めに悩む問題だと思います。

結局のところ、儲けられる通貨であれば何でもいいのすが、通貨によって値動きに差があるので、自分と相性の良い通貨を選びたいものです。

私もいろいろな通貨に手を出しましたが、苦手な通貨はありました。ポンドや豪ドルは苦手でしたね。ドルが相性がよく、中でもやはりドル円のペアは自分に合っていると感じています。

以下では主要な通貨の特徴をまとめてみましたので参考にしていただければと思います。

基本的に各通貨のペアは円を想定してい記載しています。

 

■主な通貨ペアの特徴

【ドル円】

 ボラティリティ(値動きの激しさ):★

 情報の取得しやすさ:★★★

 金利:★

ドル円のペアはニュースでも毎日見かけるほどのメジャー通貨で、FXをやっている人でこの通貨ペアでの取引をしたことがないという人はいないでしょう。

 値動きがそこまで大きくないので、大きな収益を狙いづらいですが、初心者でもトレードしやすい通貨ペアです。ドル円に関する情報は様々なFX会社やネットから取得できるので分析しやすいこともこの通貨ペアのメリットです。また、どこのFX会社もドル円には力を入れており、スプレッドが狭いので、スキャルピングをやるにはこの通貨ははずせません。

私は比較的緩やかな値動きで分析しやすいので相性がいいです。収益の9割以上はドル円で上げています。

 

【ユーロ円】

 ボラティリティ(値動きの激しさ):★★

 情報の取得しやすさ:★★

 金利:★

ユーロはドルについて取引量が多く、ドル円より値動きがあります。情報もドル円に次いで多く、比較的分析しやすい通貨といえます。 

 

【ポンド円】

 ボラティリティ(値動きの激しさ):★★★

 情報の取得しやすさ:★★

 金利:★

英国で発行されている通貨ですが、とにかく値動きが激しいです。初心者には難しい通貨です。値動きが激しいため、FXの上級者はポンドで利益を上げている人が多いようです。この通貨で取引する場合は他の通貨ペアよりも取引数量を減らすことを強くお勧めします。

 

【豪ドル円】

 ボラティリティ(値動きの激しさ):★★

 情報の取得しやすさ:★★

 金利:★

豪ドルはちょっと前までは高金利通貨の代表的な通貨でしたが、政策金利がどんどん落ちていっています。スワップポイントを目的に保有している日本人が多かったのですが、もはやそのメリットもありません。個人的な見解ですが、豪ドルはいったんトレンドが出だすと続きやすい

ように感じます。ですので、トレンドが出たら逆らわないほうがいいかもしれません。もっともトレンドに逆らわないのはほかの通貨ペアも同様ではありますが、豪ドルはより顕著に感じます。ちなみに他の通貨に先駆けて景気に敏感に反応する先行指標として確認しとくことをお勧めします。豪ドルが先行して動いて他の通貨ペアが後に続いていくといったことがあります。

 

【トルコリラ円】

 ボラティリティ(値動きの激しさ):★

 情報の取得しやすさ:★

 金利:★★★

トルコリラを取り上げたのはこの通貨は金利が高いという特徴があるからです。一時期は20%を超える金利がありました。今は下がってきてしまいましたが、それでもまだまだ高金利です。スワップ目的で保有する日本人が多いのですが、私はお勧めしません。なぜなら定期的に強制ロスカットを狙った動きを見せるからです。たびたび急激な円高になり、損失を出す人がいます。10円以上下がってもびくともしないという資金管理とメンタルがあれば止めませんが・・・。

 

まずは初心者でもやりやすいドル円から初めて徐々に他通貨もチャレンジしてみる感じで取引をするのがいいと思います。

FXの口座をまだお持ちでない場合は以下の記事でおすすめのFX会社について考察していますので参考までに一読いただければと思います。

 

fx-trade-success.com

 

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール